フォト

Nike+で走っています

マールのつぶやき

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランキング

  • 人気ブログランキングへ
  •   
    にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
  •     
    にほんブログ村 うさぎブログへ
無料ブログはココログ

« 最近のお気に入りウサギグッズ | トップページ | 部屋の模様替え »

2011年1月26日 (水)

ハル君の置物と耳

ずっと以前に、造形作家さんである向坂典子さんに作ってもらっていた、ハル君の置物です。

家には猫たちがひっくり返すので、飾っておけないので、現在は、病院のPCの上に飾ってあります。

とってもかわいくて、ボヤボヤ感と、その怪しさがまさにハル君です。

Img_0813

実は、ハル君がいなくなって数日後に、また、イングリッシュロップが飼いたいと思い、いろいろ探しました。

やはり、日本に、ブリーダーさんらしき人はおらず、外国のブリーダーさん数名にメールを出してみたけど、返事はなく。。。

ハル君を買ったお店の人に、ハル君のお父さんとお母さんのブリーダーさんを聞くも、

「わからない。」とのことで、教えてもらえず。。。

 

ハル君の血統書から、お父さんのお父さんやお母さんのお母さんやらの名前を見て、

ネットで検索したのですが、もうずいぶん古いからか、ブリーダーさんの名前が引っかかってきませんでした。

ただ、ひとつ分かったことが。。。

ハル君のお母さんのおばあちゃんにあたるウサギさん。これが、Nipper’s  Kianne という名前なのですが、

耳の最長2003年Nipper’s Geronimoという名前のイングリシュロップが、

79cmという世界最高記録でギネスブックに登録されています。

ハル君の耳の長さは約62cmで、ほど遠いのですが、

同じブリーダーさんの血統が少し入っているんだと思うと、少し、鼻が高くなりました。

Img_1731

 

そして、そのNipperさんというブリーダーさんは、今もやっているのかはわかりませんが、

アメリカの有名なブリーダーさんのイングリッシュロップの血統をさかのぼると、

結構、Nipper’sの名前があるようです。

 

今は、イングリッシュロップは飼うつもりはありませんが、またいつか、ハル君のようなウサギを飼いたいと思います。

« 最近のお気に入りウサギグッズ | トップページ | 部屋の模様替え »

コメント

はじめまして、何度かお邪魔したことありますがコメは初めてです。
もしかすると違うかもしれませんが・・・
長野にある『ほしふるかん』さんhttp://homepage2.nifty.com/HOSIFURUKANN/のイングリッシュロップも世界一になった事がある血統がいると覗った事があります。
もし機会があれば問い合わせてみると分かるかもしれません。
たまにコチラでイングリッシュロップ生まれてますよ!
特にココのペンションの回し者ではないのですが・・・イングリッシュ→お耳ギネス・・・というのをココのペンションに遊びに行った時にちょうどイングリッシュの赤ちゃんが生まれたばかりの子を見せてもらった時にそんな話を覗ったので…
コメを書いてみました。

いつかハル君みたいな縁のあるイングリッシュロップちゃんに出会うと良いですね♪

ご無沙汰しております。ハルくんのご冥福をお祈りします。
ハルくんの甥っ子のまさおは元気ですので時々遊びに来てください。
まさおのふるさと、ほしふるかんではイングリッシュロップのブリードをしています。
去年まさおの二世をと思いほしふるかんへ行ってきたのですが、女の子がなかなかその気にならずうまくいきませんでした。今年も暖かくなったらまた挑戦しようと思ってます。

ハルくんのお母さんのおばあちゃん!!思わず吾朗さんの血統書を引っ張り出してしまいました。
残念ながらMimiちゃんのお母さんまでしか出てなかった。。。
Geronimoくんの名前は知っていましたがまさか関連していたとは!
ハルくんの置物、素敵ですね。
うさぎさんグッズはあれどイングリッシュロップのものは中々ないので見つけるとつい買ってしまいます。
昨年のイースターの時期にウィーンへ行ったのですが長いたれ耳を見つけては唸っておりました。
最近ではガチャポンのリアルうさぎさんをチェックしております。

pigmarlよりもこさんへお返事です。
はじめまして。コメント、また、情報をありがとうございます。(o^-^o)

ほしふるかんは、ハル君の同腹で生まれた女の子がもらわれていったところですね。

イングリッシュロップの赤ちゃんが生まれた時を逃さないよう、
時々、HP見てみますね。

また、もこさんのHPにも、お邪魔させていただきました。
うさぎちゃんといっしょに暮らしていらっしゃるのですね。

今後とも、よろしくお願いいたします。
ありがとうございましたヽ(´▽`)/

pigmarlより月ウサさんへお返事です。

月ウサさん、お久しぶりです。
ハル君へのお言葉、ありがとうございます。
実は、ハル君が亡くなった後、まさおくんを見に、月ウサさんのブログへお邪魔させていただきました。

。。。。。

フレンチの飛鳥ちゃんが亡くなっていたんですね。
記事を読んで、言葉にならず、
こちらから、先にお悔やみを言わなければならなかったのに、失礼しました。。。

ハル君の甥っ子であるまさおくんの子供。
もし、生まれたら、お迎えすることを考えてしまうかもしれません。

時々、ほしふるかんのHPをチェックしてみます。

飛鳥ちゃんのご冥福をお祈りします。

pigmarlより、吾朗の母さんへお返事です。

こんばんは。
そうなんですよ。
吾朗ちゃんにも、Nipperさんとこの血がはいっていたのですよ。
血統書って面白いですね。
元気な時は、血統なんてどうでもいいので、あまり気にしませんが、
いなくなってしまったとたんに、すごく気になってしまいました。

ハル君がいなくなって、明日で丸2週間です。
この2週間、とても長かったです。
実は、ハル君のルーツを知り、とりあえず、
今できること(ブリーダー探し)をして、あきらめがついたのか、
しばらくは、新しい子をお迎えするのはやめようという結論に至りました。

また、どっかで縁があった子をお迎えしようと思っています。

ウサギグッズは、本当に目の毒ですね。
この数カ月、散財してしまいましたwobbly
なのに、滅多にないイングリッシュのものとくれば、
絶対に買っちゃいます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156804/38618062

この記事へのトラックバック一覧です: ハル君の置物と耳:

« 最近のお気に入りウサギグッズ | トップページ | 部屋の模様替え »